おとうさんゲーマーのひとりごと。   面白レトロゲーム発見隊!

幼稚園の頃にプレイしたパックマンがきっかけで、ゲーム道をひた走ったおとうさんゲーマーです。ゲームは人生の一部!レトロゲームが中心ですが、マイナーだけど面白いゲームにもスポットをあてて、日々ひとりごとを綴っていきます。よろしくお願いいたします。

【3DSソフト】粗削りで尖った内容は人を選ぶ。普通のRPGに飽きた方に勧める一本【ラビリンスの彼方】

 こんばんは、おとうさんゲーマーです。

 第23回は、「ラビリンスの彼方」です。初めての3DSソフト紹介になります。見た目に反してハードな難易度。システムも斬新でかなり人を選ぶRPGです。

 

ジャケット買いをした

 僕はニンテンドーDSが大好きで、多くのソフトを購入していますが、3DSはあまりプレイしていません。「ラビリンスの彼方」は、ちょうど出張で一週間近く他県に連泊になり、ホテルで遊べるRPGを探していた時に出会いました。ブルーの光が差し込む遺跡を見上げる銀髪の少女。綺麗なパッケージアートに惹きつけられ、レコードでいうジャケット買いでした。3DSで唯一持っているRPGブレイブリーデフォルト」は、かなりやり込み要素が多く、面白かったけど疲れてしまったので、今回はサクッと終わるRPGを探していたのです。それも王道RPGらしくない「ラビリンスの彼方」に惹かれた理由です。

 

斬新な内容に驚く

 夜ホテルに着き、風呂も夕飯も終えていざプレイ。ベッドに転がりながらプレイできるのが携帯機の良さですね。でも予想と違って驚きました。スタートすると、ファミコン中期の様な3Dダンジョンが始まります。しかも意外と難易度が高い(笑)。でもこれは、システムチュートリアルと、現実世界でRPGをチャットプレイしていたら、いきなりアナザーワールドに引き込まれるというプロローグでした。飛ばされた先のアナザーワールドは、まさにパッケージアートの美しさで、背景の描写や差し込む光に感動しました。苦手な方も多いかもしれませんが、ぜひ3D機能をオンにしたまま遊んでほしい臨場感です。そして始まるアナザーワールドの戦闘は、かなり硬派なバランスで、サクサク進むことを勝手にイメージしていた僕は再び驚くことになるのです。

 

好みが分かれる戦闘

 戦闘はコマンド選択式ではなく、属性の三すくみを利用したアクション性のあるものです。簡単にいうと、敵味方のターンが見える中で、有利なじゃんけんを選択しつづけるバトルです。難易度はかなり高く、適当にボタンをぺしぺし押していたら全滅する位のバランスです。しかもバトルで消耗した体力を回復させる機会がかなり限定されています。味方が倒れたらなかなか復活ができないし、導いてくれる銀髪のヒロインが倒れると即ゲームオーバー、セーブポイントまで問答無用でやり直しです。敵から逃げる選択もありますが、3Dマップを動くスピードがゆっくりしているので、なかなか逃げ切ることができない(笑)。序盤で何回ゲームオーバーになったことか。そしてやっとこたどり着いたボス戦もかなり歯ごたえのある難しさ。ある種のマゾゲーで、この時点でリタイアしてしまう方も多いんじゃないかなあと思いました。でもファミコン時代のRPGってこうだったよなあと懐かしくなったり。

 

だんだん魅力的に思えてきた

 初日は最初のボス戦をクリアして中断。さくさく進めるということはすでに叶わないと分かってしまったけれど(笑)、続きをやりたい気持ちがありました。序盤から難易度が高いRPGは久しぶりでしたし、ハードなゲームは嫌いじゃない!戦闘もコツをつかめば有利に運ぶことができるし、コツコツと経験値を稼いでいくプレイもできる。でもどちらかというと、キャラクターのレべルアップよりも、プレイヤーのレベルアップが求められるので、頭を使うことが面倒くさい方には倦厭されてしまうかもしれません。逆に、従来のコマンド選択作業に飽きた方や、パズルゲームが好きな方には斬新で面白く感じられるのではないでしょうか。僕は回復手段が限られた序盤を越えたころからかなり楽しくプレイすることができましたが、結局クリアまで結局4日かかり、30時間以上のプレイになりました(笑)。ストーリーはネタバレになるので書くのを控えますが、いい意味で予想を裏切られ、しんどかったプレイを思い出して結構感動してしまいました。

 

 気軽にクリアできるゲームではありません。塔を登っていくというシステムなので、階層ごとにセーブして、コツコツとプレイしてみてもいいかもしれません。でも印象に残り、登場キャラクターを含めて好きな作品になりました。昔、プレイステーション2で「ブレスオブファイアドラゴンクォーター」というRPGがあり、これもかなり斬新なシステムで好きな作品でした。プレイ感覚は違いますが、斬新さにおいては似た部分があります。当たり前のRPGに辟易している方にお勧めしたい作品です。

 

ラビリンスの彼方

f:id:ojisangamer:20180403004249j:plain

www.youtube.com