おとうさんゲーマーのひとりごと。   面白レトロゲーム発見隊!

幼稚園の頃にプレイしたパックマンがきっかけで、ゲーム道をひた走ったおとうさんゲーマーです。ゲームは人生の一部!レトロゲームが中心ですが、マイナーだけど面白いゲームにもスポットをあてて、日々ひとりごとを綴っていきます。よろしくお願いいたします。

【DSソフト】往年のコナミ再び。2画面ブチ抜きの硬派アクションの傑作【魂斗羅デュアルスピリッツ】

 こんばんは、おとうさんゲーマーです。

 第20回は、魂斗羅デュアルスピリッツ(以下魂斗羅DSと略)を紹介します。ファミコンスーパーファミコン時代の2D魂斗羅の遺伝子を色濃く受け継いだ硬派アクションです。

 

ファミコン時代の難易度

 今、ファミコンのアクションゲームを改めてプレイすると、その難易度の高さに驚くことがあります。僕自身がおじさんになって、反射神経や動体視力が低下しているのが一番の原因ですが(笑)、一撃死や制限付きのコンティニューなど、とにかく死んで憶えろといったアクションゲームが多かったのは事実。魂斗羅も、まさにそんな硬派アクションの代名詞の様なゲームでした。それでも、とにかくかっこいいコナミサウンドが流れる中、必死でパターンを憶えてクリアしたのを憶えています。

 

魂斗羅といえば2Dアクション

 「魂斗羅DS」は、魂斗羅シリーズ20周年の記念作品として発売されました。魂斗羅は色んな家庭用機でシリーズ展開していますが、僕にとって魂斗羅といえば、やっぱり2Dアクションです。2Dドットの魂斗羅としては、ゲームボーイアドバンスの「魂斗羅ハードスピリッツ」以来の作品になりました。20周年を記念して、歴代の2D魂斗羅のエッセンスをぎゅっと詰め込んだ内容になっています。アクションは硬派で骨太。敵のミサイルを空中で掴みながら渡り歩いたり、3Dステージがあったり、懐かしのボスのオンパレードがあったり、往年の魂斗羅ファンならば一気に惹きこまれること請け合いです。往年の熱いコナミサウンドも健在ですよ。さらに「魂斗羅DS」は全てのステージが、2画面を活かすためにデザインされていて、2画面ぶち抜きのダイナミックなアクションが楽しめます。特に大型のボス戦は携帯機とは思えぬ迫力です。

 

硬派な難易度が良い

 往年の2D魂斗羅の遺伝子を色濃く受け継いでいるということは、アクションの難易度が高いということです。イージーモードが用意されていますが、簡単なクリアを保証するものではなく、何度も死んでは覚えるといった修業が求められます。特に、魂斗羅シリーズが初めての方や、アクションゲーム初心者の方には厳しく映るかもしれません。でもアクションの操作性が素晴らしく、繰り返し挑戦していけば、必ず乗り越えられる職人技の難易度設定が図られています。 最近のアクションゲームでは感じることが少なくなった困難に挑戦する面白さをしっかり感じさせてくれる作品なのです。イージーモードをクリアすると解放される「チャレンジモード」のつくりも丁寧で、徐々に高い難易度に挑戦する意欲を掻き立てます。

 

海外ファミコン版も収録

  これまでの魂斗羅の歴史を解説する「ミュージアム」があったり、プレイする内に、海外版ファミコンNES)版の「魂斗羅」と「スーパー魂斗羅」が解放されたり、20周年を記念するにふさわしい内容になっています。一見、魂斗羅ファン御用達に思えますが、往年のファミコンアクションプレイヤーや、硬派アクションの楽しさを知る意味でアクション初心者の方にもプレイして欲しい作品です。ちなみに、当時あれだけプレイしたファミコン版を再びプレイしましたが、死にまくりました(笑)。でも楽しい!アクションゲームってやっぱり面白いですね。

 

魂斗羅デュアルスピリッツ

f:id:ojisangamer:20180330012714j:plain

www.youtube.com