おとうさんゲーマーのひとりごと。   面白レトロゲーム発見隊!

幼稚園の頃にプレイしたパックマンがきっかけで、ゲーム道をひた走ったおとうさんゲーマーです。ゲームは人生の一部!レトロゲームが中心ですが、マイナーだけど面白いゲームにもスポットをあてて、日々ひとりごとを綴っていきます。よろしくお願いいたします。

【雑談コーナー③】オープニングがかっこいいレトロゲームを紹介します!

 こんばんは、おとうさんゲーマーです。

 DSソフトの紹介がメインになっていますが、紹介するソフトの原典や、関連ゲームを辿ったりしているうちに、少し別の機種のゲームについて書きたくなりました。

 今回は、DS以外のレトロゲームしばりで「オープニングがかっこいい」作品を紹介します。個人的な趣味全開ですが、お付き合いください!

「ハイブリッドフロント」メガドライブ 1994年発売 セガ

 前回紹介した「フロントミッション」とほぼ同時期に発売されました。フロントミッションと同じく、登場キャラクターの魅力あふれる作品です。キャラクターをデザインしたのは、末弥純氏。ファミコン版のウィザードリィでも有名な方です。硬派で大人な雰囲気が全編通して漂うかっこいいSRPGでした。オープニングも最高。大好きです。

www.youtube.com

「GUN-DEC(ガンデック)」ファミリーコンピューター 1991年発売 サミー

 ファミコン後期に発売されたアクションの良作。世界観はサイバーパンク。謎を呼ぶストーリー展開もなかなかのモノ。忍者龍剣伝キャプテン翼などで使われていたシネマティックDISPを使って、ドラマチックに物語を演出しています。ファミコンの限られた性能で魅せるオープンニングのかっこよさ。粋なセリフ回しも最高です。

www.youtube.com

「ラストグラディエイターズ」セガサターン 1995年発売 KAZe

 セガサターン初期に発売されたピンボールゲームの名作。以前メトロイドプライムピンボールを紹介した際に名前を挙げたが、開発発売元のKAZeのゲームはいずれも完成度が高く、かっこいい作品が多い。バリバリのロックで彩られるグラディエイターの世界は、ただただかっこいい。IOS版も発売されているようなので是非。

www.youtube.com

フロントミッションオルタナティヴ」プレイステーション 1997年発売 スクウェア

 フロントミッションシリーズでは、システム等、かなりの異色作。初代フロントミッションの50年前が舞台。好き嫌いがはっきり分かれる作品ですが、泥臭く、硬派な戦場の雰囲気とは対照的なテクノサウンドが印象的。オープニングもビデオドラッグの様な趣を見せている。

www.youtube.com

イースⅠ・Ⅱ」PCエンジンCDロムロム 1989年発売 ハドソン

 イースは、日本ファルコムがパソコンで発売した名作。その後多くの家庭用機に移植されたが、一番印象に残っているのが、PCエンジン版。今でもシリーズ最高のオープニングと断言できる。高額なCDロムロム本体を買ってよかったと感激ひとしおだった。作曲は古代祐三氏。メガドライブベアナックルも、テクノミュージック全開でかっこよかったなあ。

www.youtube.com

シルバー事件プレイステーション 1999年発売 グラスホッパーマニファクチュア

 当時放映されていたドラマ「ケイゾク」に似た雰囲気あり、往年の刑事ドラマ「太陽にほえろ」や「特捜最前線」に似た雰囲気も持っている不思議な作品。システムやストーリーはかなり独特だが、とにかくクールでかっこいい。それはオープニングにも凝縮されていて、見るものをシルバー事件の世界に引きずりこむ。もうすぐPS4でリマスター版「シルバー2425」が発売されます。楽しみ。

www.youtube.com

キャプテン翼2スーパーストライカー」ファミリーコンピューター 1990年発売 テクモ

 キャプテン翼は、僕の中学時代を代表するような漫画だ。そしてファミコンの初代キャプテン翼をプレイした時の衝撃は今も覚えている。キャプテン翼2が発売されたのは、連載が終わって2年が経った後だけど、オープニングを見ただけであの時の気持ちが蘇った。音楽、グラフィック、そしてダイナミックな構成、全てが今もかっこいい。

www.youtube.com

 

振り返って

 今回は「オープニングがかっこいい」7本のレトロゲームを紹介しました。記事を書くにあたって、動画を見直しましたが、やはりめちゃくちゃかっこよかった!皆さんが選ぶ最高のオープニングを教えて下さい!