おとうさんゲーマーのひとりごと。   面白レトロゲーム発見隊!

幼稚園の頃にプレイしたパックマンがきっかけで、ゲーム道をひた走ったおとうさんゲーマーです。ゲームは人生の一部!レトロゲームが中心ですが、マイナーだけど面白いゲームにもスポットをあてて、日々ひとりごとを綴っていきます。よろしくお願いいたします。

【DSソフト】転がる!止める!跳ねる!タッチペンで楽しむDS 初期の快作【パックンロール】

 こんばんは、おとうさんゲーマーです。息子が横でマイクラしてます。

 第10回は、3Dアクションゲーム「パックンロール」を紹介です。DS 初期に発売されたゲームですが、タッチペン操作が上手くマッチした作品です。個人的に、僕が小さい頃にテレビゲームにハマるきっかけになった初代「パックマン」が収録されているのも、個人的にポイントが高いんだな(笑)。

 

タッチペンが活きている

  DS は、上下2画面とタッチ操作が特徴ですが、タッチ操作を上手く活かしたゲームは意外に少ないんですよね。前回ご紹介した「瞬感パズループ」は、まさにタッチ操作が冴えわたる良作ですが、今作「パックンロール」も負けず劣らずのイカした作品です。タッチ操作でキャラクターを操作するのが、とにかく楽しいんです。上画面のアメ玉のようなパックマンを転がすには、下画面のパックマンタッチペンで必死でこするのみ!こすられても、こすられても笑顔のパックマンは不気味ですが(笑)、操作感がとても良く、球体を操るもどかしさもあって、絶妙なゲームバランスになってます。

 

マーブルマッドネス的な面白さ

 初代パックマンのテイストもしっかり残っていて、初めてプレイした時には、ピンキーやインキーの変わらない姿に、愛おしさを感じてしまいました。下画面のパックマンは、昔アーケードゲームにあったトラックボールそのものです。トラックボールを使う名作では、アタリの「マーブルマッドネス」が思い浮かびますが、かなり近い感覚です。思えば、意外に「球体」を操作するゲームって少ないんですよね。難易度はかわいらしいパックマンのイメージに違わず、アクションゲームがあまり得意じゃない人でも楽しめます。タイムアタックや、ミッション型のチャレンジステージなど、やり込み派のプレイヤーも楽しめる懐の深さもあり、末永く楽しめる一作です。是非皆さんもコロコロしてみてください。

 

パックンロール

f:id:ojisangamer:20180308205430j:plain

www.youtube.com