おとうさんゲーマーのひとりごと。   面白レトロゲーム発見隊!

幼稚園の頃にプレイしたパックマンがきっかけで、ゲーム道をひた走ったおとうさんゲーマーです。ゲームは人生の一部!レトロゲームが中心ですが、マイナーだけど面白いゲームにもスポットをあてて、日々ひとりごとを綴っていきます。よろしくお願いいたします。

【雑談コーナー①】中古ゲームの探し方、買い方。自分流のスタイルを楽しむ方法

【マイルール、マイスタイル】

 ここ数年は、中古でゲームソフトを購入することが多いです。わが家はお小遣い制なので、できるだけ安価で買いたいという気持ちがありますが、ゲームソフトを探すことそのものをゲームとして楽しんでいます。トレジャーハントをしている感覚です。

 欲しいソフトを小さな紙にメモして、のんびりゆっくり探しています。自分の購入価格ラインより高いときは、値段が下がるまで待つことも多々あります。購入価格ライン500円縛りとか、マイルールを設定して探すのも楽しいですよ。

 

ブックオフハードオフ

 お店はブックオフハードオフを利用することが多くなってきました。まず自分の足を使って色んな店舗に行き、どうしても見つからないときにネット通販を利用するスタイルで楽しんでます。経験上、ゲームソフトでいえば、ブックオフが一番安く買えています。108円、250円、500円、1000円以上といった感じです。

 ハードオフは若干高い感じですが、ジャンクコーナーで予想外の掘り出し物に出会ったり、ブックオフで高かったソフトが普通に半値くらいで売っているサプライズもあります。つまり複合して見るのが一番いいです。まさに足で稼ぐ感じですね。定期的にセールやクーポン発行をしているので、上手く利用させてもらっています。安く購入できて、さらに遊んで楽しい。最高です。

 

【中古ゲームの相場を知る】

 中古ゲームソフトの価格は、やはりその時々で相場が変わります。店舗に直接行っていると、相場がだんだん見えてきますが、大手通販サイトの価格がひとつの基準になっています。駿河屋とか、ブックオフオンラインとかが参考になります。足を使って店舗を回っていると、相場よりかなり安いソフトに出会うこともあり、相場を知っておくと楽しい瞬間が多々訪れます。

  機種によっては、中古ゲームソフトの価格が底値になる時期があります。今なら、僕が愛するニンテンドーDSや、XBOX360があてはまります。でも底値の時期は一時的なもので、また全体的に相場が上がっていくので、購入時期の見極めはけっこう大切です。メガドライブPCエンジンネオジオなどは今は底値の時期をこえて、ぐんぐんと高値をつけています。僕自身も、あの時買っておけば良かったなあというソフトがいくつもあります。

 

【穴場を見つける】

  意外な穴場もあり、例えばヤマダ電器やエディオンといった大手量販店です。中古ゲームを扱っている店舗がどうかはネットで確認できるので、寄ってみる価値はあります。あとは、TSUTAYA三洋堂書店などもゲームを扱っていて、結構強めのセールを開催していることがあります。いずれもネットの一般的な相場にとらわれず、独自の価値設定をしていたり、投げ売り状態だったりサプライズも多々あります。これも店舗に足を運ぶメリットです。

 

【楽しい中古ゲームライフを!】

 中古ゲーム購入の楽しみかたは人それぞれで、ベストアンサーはありません。僕は足で探すことを楽しんでいます。ダウンロード購入が主流になれば、中古ゲームソフトを探す機会もなくなっていくと思いますが、逆に考えると、今だから楽しめるゲームライフとも言えます。楽しくゲームを探し、楽しくゲームをプレイするのはなんと幸せなことか。この記事が少しでも役立ち、楽しい中古ゲームライフを送っていただけたら幸いです!