おとうさんゲーマーのひとりごと。   面白レトロゲーム発見隊!

幼稚園の頃にプレイしたパックマンがきっかけで、ゲーム道をひた走ったおとうさんゲーマーです。ゲームは人生の一部!レトロゲームが中心ですが、マイナーだけど面白いゲームにもスポットをあてて、日々ひとりごとを綴っていきます。よろしくお願いいたします。

【DSソフト】携帯機でピンボール。マニアックに偏らず、アクションゲームとして楽しめる良作【メトロイドプライムピンボール】

 こんばんは、おとうさんゲーマーです。しばらくDSソフトが続きます。第3回は「メトロイドプライムピンボール」です。

 原典の「メトロイド」を遊んだのが、小学6年生の夏。ちょうど父の仕事の関係で転校することになり、その時の複雑な気持ちも相まって、とても印象に残っているんだよなあ。

 エンディングのサムスの姿が、クリアタイムによって変化することを知ってから、躍起になってタイムアタックをしてました。今に思えば、ビキニ姿のサムスがみたいというだけだったかも。

 そんな思い出深い「メトロイド」ですが、FPSになった「メトロイドプライム」シリーズにはあまり食指が伸びず...。GBAの「フュージョン」や「ゼロミッション」の方に熱中してました。

 意外にも、DSでは2Dのメトロイドシリーズは発売されていません。今回、紹介する「メトロイドプライムピンボール」はタイトルの通り「プライムシリーズ」の世界観、配色で彩られています。メトロイドは好きだけど、あまり思い入れがなかったプライムシリーズ。少し抵抗はあったけど、プレイして素直におもしろいと思いました。

 話が脱線しますが、テレビゲームでピンボールを再現したソフトがそこそこ発売されていた時期がありました。90年代半ばです。スーパーファミコンの「ビハインドザマスク」や「アメージングオデッセイ」、セガサターンの「ラストグラディエイターズ」、「ネクロノミコン」等が印象に残っています。

 結果的にブームにはなりませんでしたが、大人な雰囲気と、洗練されたグラフィックとサウンドは、今までになかった魅力を放っていました。結局手放すことなく、今も大切に持っているソフト達です。

 「メトロイドプライムピンボール」を遊んだ印象は、マニアックに偏らず、ピンボールを知らないプレイヤーにも間口を広げたアクションゲームだということ。ドットの書き込みが細かく、薄暗いメトロイドの世界が上手く描かれているんです。全体的にボリュームは少ないけれど、携帯機でちょこっと遊ぶには、これぐらいがちょうど良い塩梅です。息抜きにささっとプレイできるのがいいですね。

 昔、ゲームセンターやボーリング場のゲームコーナーで見かけた本物のピンボール筐体。プレイしている大人が、やたらかっこよく見えたなあ。背伸びしたい気持ちとか、大人へのあこがれもあったんだろうなあ。懐かしい。

 ちなみにこのソフトは、セカンドハンドで800円で購入しました。ピンボールというジャンルに興味が湧かないという方も多いと思いますが、メトロイドファンや、気軽ににあそべるソフトを求めている方は一度プレイしてみることをおすすめします。

メトロイドプライムピンボール

f:id:ojisangamer:20180308205915p:plain

www.youtube.com